2009年11月22日

ワールドパークスからスカイマイルへ

航空会社のマイレージの話の続きです。

先日、管理人のところにDELTA SKYMILESから手紙が着ました。
「your skymiles membership card is enclosed」と書かれています。

DELTAはアメリカ国内便しか乗ったことがなく、住所の登録などもした覚えがなかったので、なんだろうとといぶかしげに封を破ると、ノースウェスト航空ワールドパークス会員口座からスカイマイルプログラムへ移行が完了したという文面とSKYMILESカードが同封されていました。

それでノースウェストがデルタに合併吸収されたことを思い出しました。
それに伴いワールドパークスで獲得したマイルは10月1日にスカイマイルに移ってしまったようです。

送られてきたスカイマイルカードの口座で確認してみたところ、全マイル移行されていました!

規約によればスカイマイルの有効期限は24ヶ月だそうです。
ただし、アクティビティ(マイルの獲得や利用)が24ヶ月以内に1回でもあればマイルは無効にならない、らしい。

ノースウェストのワールドパークスではマイルは永遠に有効というのがセールスポイントでもあったので、条件的には悪くなっていますね。
実際、管理人が最後にノースウェストを利用したのが5年以上前ですから、買収されて条件が変わってしまいました。

ここで、前回の日本航空の資本提携の話に戻ります。
JALの厳しい経営状況の発表等を受けてデルタおよびアメリカン航空の働きかけが活発になっているようです。

JALとしては、自分を高く評価してくれるところに、できるだけ高く売る努力をすべきです。それにより経営再建の可否やスピードが大きく変わってきますので。

で、マイレージの話ですが、ノースウェストの例でもわかるように、スカイチームあるいはワンワールドのどちらのグループに入っても、今まで獲得していたマイルは維持されることでしょう。
今回はせいぜい1000億円程度の支援で子会社になるわけではないので、JALのマイレージシステムJMBがそのまま使用されるでしょうね。

JALの経営問題は重要ですが、ハワイ大好き人間にとってはマイレージの行方のほうが気になってしまいました。


ブログランキング↓ハワイのブログがいっぱい
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村
ホームページランキング↓
人気ホームページランキング



posted by hawaiwalk at 11:54| ホノルル ☀| Comment(0) | 航空券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

航空会社マイレージ

ハワイに行く時は普通は飛行機に乗ります。
飛行機に乗るならその飛行機会社のマイレージを貯めて、特典航空券や商品に引き換えたりするのが、常識です。

現在関空からはJAL waysかNorth Westが飛んでいます。マイレージはそれぞれ別ですので、どちらかに統一したほうが効率は良いですね。

国内線も良く乗るならJALにしておいたほうが、マイルの貯まり方が断然違います。
というわけで、航空券価格があまり違わないなら、JALを使うことにするのが自然でしょう。
それがマイレージサービスを提供する航空会社側の狙いでもあります。

ところでJALは現在経営状況が非常に悪く再建問題で揺れています。

民主党政権が誕生する前には、デルタ航空から支援をもらう、あるいは現在ワンワールドのマイレージ等で提携しているアメリカン航空から増資をもらう等のニュースが出ました。
現在は企業再生支援機構を活用した再生計画が練られていて、資本提携については中断しているようですが・・・・

で、マイレージの観点からすると、提携先によって、マイレージサービスの提携航空会社が変わってくるので、大いに関心があります。
JALのマイレージを貯める時や提携航空会社の特典航空券を取得する時に、まったく違う航空会社になってしまうわけですから・・・

それともうひとつ心配なのは、JALが民事再生等を申請した時に、すでに貯めていたマイレージがどうなるかです。
マイレージも債権の一種ですので、放棄や圧縮等の要請があるかもしれません。

ただ、過去に民事再生を行ったユナイテッド航空その他の航空会社ではマイレージはそのまま継続したようですので、客離れを防ぐ意味でも継続してされるとは思うのですが・・・


ブログランキング↓ハワイのブログがいっぱい
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村
ホームページランキング↓
人気ホームページランキング

posted by hawaiwalk at 13:44| ホノルル ☀| Comment(0) | 航空券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

思わぬ出費の罠:預ける荷物の重さに気をつけよう

格安パッケージツアーや格安航空券をゲットして、安く旅行にいけると喜んでいる人が思わぬところで陥る出費の罠が、受託手荷物です。

簡単にいうと飛行機に乗る時に、預ける手荷物です。
この受託手荷物の許容重量がどんどん少なくなってきているのです。

今回のJALwaysハワイ便では23kg(50ポンド)/個でした(エコノミークラスで)。
少し前までは32kg(70ポンド)/個だったようですので、9kgも減っています。

昔は海外旅行に行くために大きなスーツケースを準備して荷物をたっぷり詰め込みチェックインしたものですが、今はそんなことをするととんでもない超過料金を取られてしまいます。
航空会社、行き先、搭乗クラス等により異なりますが、海外から帰国する時に数万円請求されたという話はよく聞きます。

せっかく安く航空券を手に入れても、実際に旅行する時に数万円も余分に支払っていたのでは話になりません。

預ける手荷物は一人2個まで可能ですので、小分けして二つにしたほうがよいでしょう。
またスーツケースはそれだけで重さが6-7kgもありますから、布製やビニール製の軽い鞄のほうが有利です。
大きなスーツケースは容量があるためついつい荷物を積めてしまいます。最初から小さな鞄を準備したほうが重量超過のリスクは減ります。

ブログランキング↓ハワイのブログがいっぱい
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村
ホームページランキング↓
人気ホームページランキング


posted by hawaiwalk at 09:59| ホノルル ☀| Comment(0) | 航空券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。