2009年09月20日

クレジットカードでドルキャッシュをゲットする方法

クレジットカードは安全で便利ですが、キャッシュがまったくないといきなり困ってしまいます。

ホテルでのチップ、バス乗車賃、屋台のホットドッグ等々、キャッシュでないと支払えないものも意外と多いのも事実。
すべて小さな額ですが、それだからこそ現金を用意しておかなければなりません。

ドル現金に換金する方法として、旅行前に銀行で直接ドル現金に交換する、およびTCに交換して現地のホテルや銀行でキャッシュに交換する方法を案内しました。

さて、現地で急にキャッシュが必要になった時はどうすればよいのでしょうか?
日本円を持っているなら、現地銀行や両替商で交換できます。アジアなどでは現地についてから、日本円で現地通貨に交換したほうが交換率がよいところも多いようです。

さて、今回ご案内したいのは、ATMでドルキャッシュをゲットする方法です。

CIMG4825.JPG
店先にあるATM、FIRST HAWAIIAN銀行のものでした

アメリカではホテルやコンビニにATMが設置されています。日本と同様、自分の銀行口座から現金を引き出すのに使われています。

これらのATMはPLUSやCirrusとリンクしているので、それらと提携しているクレジットカードおよび銀行のキャッシュカード(CITIBank、新生銀行等のキャッシュカード)を持っていれば、このATMでキャッシュを引き出せます。海外で使用できるようになっているクレジットカードはPLUSあるいはCirrusどちらかと必ず連携しています。

この方法は日本でキャッシングするのと基本的には同じです。ただし、ドルでキャッシングするため日本円に交換する手数料1.6%程度が上乗せされます。

それとATMの使用料が取られます。場所やどこのATMかによりますが、2-3ドルが手数料として引き落とされます。日本でも100-200円の手数料をとることが多いので同じですね。


CIMG4826.JPG
キャッシュ引き出しには2.5ドルチャージすると書かれています

ATMを使ったクレジットカードでのキャッシングを手数料の観点からまとめると、ATM手数料2-3ドルと1.6%の交換手数料、およびキャッシング利率(年率14-18%程度)の日割り換算が必要となります。
1ドル当たりの手数料として計算すると3-3.5円くらいになります。

必要な時に手軽に現金を入手できるという意味では知っておくと便利な方法です。


ブログランキング↓ハワイのブログがいっぱい
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村
ホームページランキング↓
人気ホームページランキング



posted by hawaiwalk at 12:34| ホノルル ☀| Comment(0) | 外貨交換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。